SUPREE VideoEngine(映像エンジン)

SUPREE VideoEngineとは?

SUPREE VideoEngine は、Android / iOS / Windows / Linux向けのカメラ入力から描画、映像のエンコード・デコード、パケット化、RTP送受信を行う高品質のビデオメディア通信を実現するSDK(開発キット)です。

Android、iOSのモバイルデバイス向けには軽量・低負荷で動作するように、ハードウェア・コーデックを駆使することでソフトウェア・コーデックを使用する場合に比べてCPU使用率を大幅に軽減し、バッテリの消費量を減らすことを実現しております。

Windows向けでは、複数の映像セッションに対応しており、またデスクトップ画面のキャプチャーにも対応しているため、テレビ電話会議機能を簡単に実現できます。 Linux向けでは、主にドライブレコーダーや防犯カメラなどでご利用いただいています。

SUPREE VideoEngineの機能

  • IP電話のテレビ電話に利用可能です。双方向の通話はもちろん、送信専用や受信専用や音声無しで映像だけといった使い方も可能です。
  • ネットワークの使用帯域をコントロールし、送出帯域を一定以上使用しないように制御することが可能なため、使用する環境に最適なビデオ通信を実現することができます。
  • 様々な解像度、フレームレート、ビットレートに対応可能です。(使用可能なパラメータはハードウェアに依存します)
  • 様々な映像コーデック(MPEG4、H.264、H.265)に対応可能です。 ※標準はH.264です。

提供パッケージ内容

  • SUPREE VideoEngineオブジェクトコード(組込み用Linuxなど各種プラットフォームに対応可能)
  • インクルードヘッダファイル
  • APIリファレンス
  • API学習/試験対向用Windows向けテストアプリケーション(SFVideoEngineTester.exe ※H.264専用)

仕様・スペック

Android/iOS

対応プロトコル RTP / RTCP (RFC3550), SRTP (RFC3711)
同時ストリーム数 1
対応コーデック H.264 AVC
対応解像度 HD画質 (1280 x 720 ピクセル)
  • ハードウェア・コーデックを使用する前提です。
  • 上記以外の解像度やコーデックを利用したい場合は別途ご相談ください。

Linux

対応プロトコル RTP / RTCP (RFC3550), SRTP (RFC3711)
同時ストリーム数 マルチ
対応コーデック ハードウェア・コーデックに依ります
対応解像度 カメラに依ります
  • ハードウェア・コーデックを使用する前提です。

Windows

対応プロトコル RTP / RTCP (RFC3550), SRTP (RFC3711)
同時ストリーム数 マルチ
対応コーデック H.264 AVC
対応解像度 HD画質 (1280 x 720 ピクセル)
  • ソフトウェア・コーデックを使用する前提です。

資料請求・お問い合わせ

ご要件やご契約内容によって、提供パッケージ内容やAPIのレイヤが異なります。
お気軽にお問合せください。

SUPREEシリーズ

SIP呼制御
ライブラリ

音声通信制御
ライブラリ

ビデオ通信制御
ライブラリ

IP-FAX
ライブラリ

スマートフォン・タブレット用音声・ビデオ通信総合ライブラリ