SUPREE AudioEngine(音声エンジン)

SUPREE AudioEngineとは?

Android / iOS / Linux / Windows向けの音声RTPエンジンです。
リアルタイムに音声通話するためのRTP/RTCPの送受信処理やSRTPを使った暗号化通信、マイク・スピーカーといったサウンドデバイスを制御し、ネットワークを介して音声データを送ります。

各種音声コーデックに対応しており、様々な端末やシステムでご利用可能です。
IP電話に限らず、既存サービスに音声機能を付け加えるといった音声データの送受信のみの機能提供も可能です。

また、ソフトウェアエコーキャンセラー、ジッタバッファ、自動ゲイン制御(AGC)などにも対応しており、通話品質を向上させることが可能です。 独自コーデックのポーティングや特定の機器向けの音質チューニングも請け負っております。

SUPREE AudioEngineの機能

  • IP電話の音声通話に利用可能です。双方向の通話はもちろん、送信専用や受信専用といった使い方も可能です。
  • 複数の相手との音声通話をミキシングしてデバイスで再生したり、ファイルに録音したり、個別に制御することが可能です。
  • 音声ファイルの内容を通話相手に送ることが可能なため、IVRやみなし保留にも利用可能です。
  • 音声ミキシングに対応し、複数の音声を合成することで音声会議サーバーの開発にもご利用いただいています。
  • 高音質処理(パケットロス・音切れ対策、揺らぎ吸収、エコーキャンセラーなど)
  • 様々な音声コーデックに対応し、標準サポートしているコーデック以外も搭載可能です。
  • 音声をRAWデータとして取り扱うことも可能です。特殊な音声デバイスでご利用になる場合はご相談ください。

提供パッケージ内容

  • SUPREE AudioEngineオブジェクトコード(組込み用Linuxなど各種プラットフォームに対応可能)
  • インクルードヘッダファイル
  • APIリファレンス
  • API学習/試験対向用Windows向けテストアプリケーション(SFAudioEngineTester.exe)

仕様・スペック

対応プロトコル RTP / RTCP (RFC3550)、 SRTP (RFC3711)
同時ストリーム数 無制限
同時カンファレンス数 無制限
対応コーデック – G.711 u-law、 A-law (PCMU / PCMA)
– G.711.1
– G.722
– G.729 Annex A
– G.729 Annex C
– iLBC
– SPEEX
– OPUS
※その他のコーデックについては応相談
音声再生 wav形式ファイル再生(自動応答ガイダンスなどに利用可能)
音声録音 wav形式ファイル録音(通話録音や留守録として利用可能)
対応サンプリングレート 8、16、24、44.1、48KHz
ジッタバッファ 動的可変
VAD (無音検出) 対応 (周波数 および 音圧検知)
CNG (無音生成) 対応
AGC (自動ゲイン制御) 対応(音圧制御)
音声カッティング・円滑化処理 周波数制御
対応 OS Linux、Android、iOS、Windows

資料請求・お問い合わせ

ご要件やご契約内容によって、提供パッケージ内容やAPIのレイヤが異なります。
お気軽にお問合せください。

SUPREEシリーズ

SIP呼制御
ライブラリ

音声通信制御
ライブラリ

ビデオ通信制御
ライブラリ

IP-FAX
ライブラリ

スマートフォン・タブレット用音声・ビデオ通信総合ライブラリ