映像コミュニケーションアプリ・サービス・SDK

SUPREE VideoEngine(映像エンジン)

SUPREE VideoEngineとは?

SUPREE VideoEngine は、Android / iOS / Windows / Linux向けのカメラ入力から描画、映像のエンコード・デコード、パケット化、RTP送受信を行う高品質のビデオメディア通信を実現するSDK(開発キット)です。

Android、iOSのモバイルデバイス向けには軽量・低負荷で動作するように、ハードウェア・コーデックを駆使することでソフトウェア・コーデックを使用する場合に比べてCPU使用率を大幅に軽減し、バッテリの消費量を減らすことを実現しております。

Windows向けでは、複数の映像セッションに対応しており、またデスクトップ画面のキャプチャーにも対応しているため、テレビ電話会議機能を簡単に実現できます。
Linux向けでは、主にドライブレコーダーや監視カメラなどでご利用いただいています。

SUPREE VideoEngine

SUPREE VideoEngineの機能

  • IP電話のテレビ電話に利用可能です。双方向の通話はもちろん、送信専用や受信専用といった使い方も可能です。
  • ネットワークの使用帯域をコントロールし、送出帯域を一定以上使用しないように制御することが可能なため、使用する環境に最適なビデオ通信を実現することができます。
  • 様々な解像度、フレームレート、ビットレートに対応可能です。(使用可能なパラメータはハードウェアに依存します)
  • 様々な映像コーデック(MPEG4、H.264、H.265)に対応可能です。

 

提供パッケージ内容

  • SUPREE VideoEngineオブジェクトコード(組込み用Linuxなど各種プラットフォームに対応可能)
  • インクルードヘッダファイル
  • APIリファレンス
  • API学習/試験対向用Windows向けテストアプリケーション(SFVideoEngineTester.exe ※H.264専用)

 

仕様・スペック

Android/iOS

対応プロトコルRTP / RTCP (RFC3550), SRTP (RFC3711)
同時ストリーム数1
対応コーデックH.264 AVC
対応解像度HD画質 (1280 x 720 ピクセル)
※ハードウェア・コーデックを使用する前提です。
※上記以外の解像度やコーデックを利用したい場合は別途ご相談ください。

Linux

対応プロトコルRTP / RTCP (RFC3550), SRTP (RFC3711)
同時ストリーム数1
対応コーデックハードウェア・コーデックに依ります
対応解像度カメラに依ります
※ハードウェア・コーデックを使用する前提です。
※V4L2-APIを使用する前提です。

Windows

対応プロトコルRTP / RTCP (RFC3550), SRTP (RFC3711)
同時ストリーム数マルチ
対応コーデックH.264 AVC
対応解像度HD画質 (1280 x 720 ピクセル)
※ソフトウェア・コーデックを使用する前提です。

お気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Copyright © 株式会社ソフトフロントジャパン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.