映像コミュニケーションアプリ・サービス・SDK

SUPREE IP-FAX ライブラリ

SUPREE IP-FAX ライブラリとは?

SUPREE IP-FAXライブラリは、国際電気通信連合電気通信標準化部門(ITU-T)が定める技術標準T.38に対応したIP-FAX機器開発向けSDKです。
電話接続には、IP電話の標準プロトコルであるSIPを採用しています。
また、NTT東日本/NTT西日本のひかり電話網では、データコネクトによるFAXデータのT.38符号化通信を実現することができ、NGNテストベット検証済みのミドルウェアになります。

T.38によるIP-FAX (FoIP:Fax over IP)は、現状では欧州や北米を中心に成長を見せており、アナログ電話回線からIP網への移行に伴い、さらなる成長が見込まれています。当ライブラリは、すでに複数の複合機(MFP)メーカーに採用されています。

IP-FAX(T.38) SDK

SUPREE IP-FAX Engineの特長

IP電話呼制御機能(SIP)

SIP網への登録、発着信、保留転送などの電話の呼制御に加えて、各種SIPのオプション機能を利用できます。
特にHGW(ホームゲートウェイ) / OGW(オフィスゲートウェイ)に対する簡易設定機能など、NGN網に高い親和性を発揮します。また、IP-FAXのT.38メディア・ネゴシエーションを行う事ができます。

T.38データ通信機能

FAX通信のセッションを確立し、T.38符号化データ通信を実施し、QoSネットワークにおいて送信量制御を行うことができます。

FAXトーン送信および検出機能

T.30勧告に示されるFAX識別信号をVoIP音声ストリームとして送信する事ができます。また、受信FAXトーンの検出を行う事ができ、FAX識別信号に対応するT.38ゲートウェイと接続することもできます。

みなし音声によるIP-FAX機能

VoIP音声ストリームによる「みなし音声IP-FAX」を実装することができます。
※別途FAX MODEMライブラリが必要です。

データコネクト対応

NTTが提供するひかり電話のデータコネクト(帯域確保型データ通信サービス)に対応しており、ひかり電話網でのIP-FAXが実現可能です。

提供パッケージ内容

ミドルウェア構成

ライブラリ*1IP-FAX ライブラリソース/バイナリ提供
SIP 呼制御ライブラリバイナリ提供
VoIP ストリームライブラリバイナリ提供
サンプルアプリケーション*2T.38FAXクライアントソース/バイナリ提供
FAXトーン制御サンプルソース/バイナリ提供
T.38制御サンプルソース/バイナリ提供
ドキュメントプログラマーズガイドPDFファイル
APIリファレンスHTMLドキュメント
API呼出シーケンスフローPDFファイル
サンプルアプリケーションガイドPDFファイル
*1:Linuxリファレンスモジュールとなります。別途、ターゲット機器向けのポーティングが必要となります。
*2:Linuxコマンドライン アプリケーションです。

対応している勧告

主要な標準規格準拠

RFC
RFC1006ISO Transport Service on top of the TCP Version: 3
RFC2327Session Description Protocol
RFC2474Definition of the Differentiated Services Field (DS Field) in the IPv4 and IPv6 Headers
RFC3261Session Initiation Protocol
RFC3264An Offer/Answer Model with Session Description Protocol
RFC3266Support for IPv6 in Session Description Protocol (SDP)
RFC4145TCP-Based Media Transport in the Session Description
RFC4566SDP: Session Description Protocol
ITU-T勧告
T.38Procedures for real-time Group 3 facsimile communication over IP networks
Q.3402NGN UNI signaling profile (Protocol set 1)

SIP 呼制御仕様

SIP MethodINVITE / BYE / ACK / CANCEL / PRACK / REGISTER / INFO / REFER /
SUBSCRIBE / NOTIFY / MESSAGE / OPTIONS / UPDATE / PUBLISH *1
SIP server connectivityRegistrar / Proxy / B2BUA
AuthenticationBasic Authentication / Digest Authentication
SDP negotiationT.38 / Audio / Video / Custom
IP protocolUDP/TCP/TLS *2
IPv4/IPv6
Other featureG.711 RTP *3
DiffServ Code Point (DSCP)
*1:IP-FAXでは利用しないメソッドが含まれます。
*2:TLSはSIPにのみ適用できます。また、OpenSSLなどのTLS/SSLキットが別途必要です。
*3:FAX通信ではなく、音声通話の機能になります。

T.38機能対応

IFP packet TYPE fieldT30_INDICATOR
T30_DATA
IFP packet formatUDPTL
TCP/TPKT
RTP/AVP
Redundancy/FEC for UDPTLRedundancy frame
Parity FEC
Channel modelA Pair of unidirectional channels
A Single bidirectional channel
T.38 ASN.1 notation1998 ASN.1 syntax, TPKT, IAF support
V.34, V.33 support, 2002 syntax extended
Call establishmentSIP
H.323
H.248.1 for MGC
T.38 SDPMedia type ‘image’
Media type ‘application’
All T.38 attributes
T.30 FeatureCNG/CED tone transmitting on VoIP
CNG/CED tone detection on VoIP
Other T.30 features

お気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Copyright © 株式会社ソフトフロントジャパン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.